選び方で違いが分かる企業出版

>

ブランディング戦略は奥ゆかしく

ブランディング戦略が明確であること

企業出版そのものがブランディング戦略として重要なところとなる一方、あくまでも戦略だけを最優先してしまうと、そこには出版物としての魅力が見えてきません。企業イメージを明確に伝え、ターゲットとする顧客を定着させるために企業出版は大切な存在だからこそ、そこには書籍としての魅力も上乗せする必要があるといえます。
そこで単に商品やサービスの紹介を全面的にするのではなく、出版物だからこそできる手法を巧みに活用し、加えて読み手に戦略の意図が理解させるものとなるのが理想です。例えばサービスを受けた顧客の乾燥だけでなく、記者も自ら体験し、感想を掲載する等、読み物としてのエッセンスも加えている。ブランディング戦略は明確だけど、書籍としても魅力がある。こうした出版物を目指す出版社は多くの企業に求められるポイントとなっています。

出版物の魅力を優先している

出版物なのですから、単に商業的な面だけが強調されていては、特定の顧客だったとしても面白みに欠け、次に読みたいという意欲が軽減してしまう可能性も考えられます。また次に読みたい、また出版したなら教えて欲しい。そんな声が顧客や対象者から聞こえてくる企業出版の出版物なら、サービスや商品以上に、その企業としての魅力さえも上乗せしてくれる効果となりましょう。
そこで出版物に対しての魅力をどれだけアピールできるかというところが大切になります。単に企業出版だからというだけでなく、そこに魅力を加えてくれるのはどんなものなのか、それぞれの出版社によって異なる部分ではありますが、この点が出版社選びで重要なポイントとなっているようです。


この記事をシェアする