選び方で違いが分かる企業出版

>

個性との融合が違和感なく融合する

個性とは何かを理解している

自費出版の場合、かかる費用は確かに高額になりがちです。しかし、そこには著者の意図が明確に載せることができます。何を問題とするのか、どんなテーマに沿うか、そして内容からなにを連想させるか等、どんな制約も受けない自費出版では、ある意味、個性を思いっきり発揮できます。
しかし個性とは何でしょう。著者が思うことの全てをただ並べるだけで、個性といえるのでしょうか。出版物は多くの人が目にするもの。そしてそれによって効果がそれぞれ違うものです。不特定多数の多くの人が手に取るものには、単に個性の垂れ流しのような情報ではなく、そこには客観的な制約があるべきではないでしょうか。
自費出版においては、こうした一般常識的制約を経た個性が発揮されているといえるのです。

出版にかける情熱を感じる

企業出版で選ばれるランキングのポイントとなるのは、こうした個性と出版物との兼ね合いの中、どれだけ出版に思いをかけているか、その情熱を感じられるかどうかといったところでもあります。
出版物は手に取った人に情報を与えるだけではなく、その情報を得たことによって、その人の未来に何らかの変化を与えるもの。それだけ重要なものなのだから、適当な扱い方ではいけない。出版にかける思いが明確に見えるということは、その分、出版物を預ける際に必要な信頼感にも繋がります。
出版物に対する思いをしっかりと理解できる、もしくはその姿勢を感じられるといった出版社は、著者との信頼感だけでなく宣伝力もあるもの。様々な業界に信頼された出版社だからこそ、出版物も世に広く出回る可能性も増えるというものです。


この記事をシェアする