選び方で違いが分かる企業出版

>

企業出版において求められるものとは

自費出版との違いを感じさせない

企業出版となれば、自費出版とは違い、一定の企業側の意図が介在するもの。とはいえ商業出版とは違いますから、そこには自費出版のような著者側の意図が盛り込まれることもあるものです。企業出版選びで大切なのか、この匙加減をどのように考えているかというところでもあるのです。
例えば企業出版で著名な企業では、地域性を考慮して対象となる地域の書店と特約店制度を設置し、その地域だからこそ得られる利点を活用して販売促進を図る企業があります。それには単に商業的思惑だけでなく、その地域だからこその魅力を盛り込み、著者側の意図も十分に考慮されているものとなっているのです。
このように、個性と商業目的の兼ね合いを考慮した出版社は、その分人気も高く、注目されているポイントとなっています。

企業出版でも個性を尊重

企業出版の際にポイントとなるのは、商業出版のような企業側の意図ばかりではないうえに、商業出版のような全国的に書店販売も可能となる利点があること。
企業出版で求められるところは、この両方の利点をどれだけバランスよく活用できるのかというところになりましょう。とはいえ、制作費は企業側の負担となる分、企業としては盛り込みたい内容や読み手への方向性にもある程度の商業的利点を求めることは確実なところ。それをどのように著者側の意図と合致させるのか、これに対する力量が求められるところといえます。
どちらにも同じ力加減で、しかも商業的魅力もある出版物を提供できるということは、このバランスに長けた能力があるということ。対象となる出版社のこれまでの出版物を見ればこうした点は明確となるところです。


この記事をシェアする